理事・事務局
国際学校保健コンソーシアム理事・事務局の紹介

メンバー一覧


小林 潤 (理事長・事務局)

琉球大学 保健学科 国際地域保健学教室
教授
 

メッセージ

当会は、まず世界の子ども達に裨益することをメインにシンクタンクとして、低中所得国の政策策定、政策実施について支援をしています。さらに日本およびパートナー国の若手人材の育成を行っています。意思のあるかたは、気軽にご連絡ください。

主な研究分野

国際保健における学校保健、感染症対策、保健システム

主な活動経験・調査経験

1995-200 ラオス国マラリア対策アドバイザー
2002-2007 国際寄生虫対策アドバイザー(東南アジアおよび西アフリカ)

パーソナルヒストリー

琉球大学医学部卒後、2001年まで同大学教官として勤務。その間、ブラジルで2年のJICA専門家経験ののち、ラオス国プライマリーヘルスケア専門家で3年滞在後、マラリア対策アドバイザーとして3年間・青年海外協力隊とのタイアップ事業を成功させた。ラオス国政府からはマラリア患者の減少への貢献によって労働功労勲3等を受ける。その後もラオス国に対して、政策に反映し且つ現地の人材育成に資する研究事業を現在まで継続して推進している。
2001年からは国立国際医療研究センター国際医療協力部に移り、東南アジア、西アフリカ各国にて国際協力・研究活動を推進した。特に橋本イニシアチブ事業に参画して世界の学校保健普及と推進に貢献した。2010年には国際学校保健コンソーシャムを結成し、日本のシンクタンクとして世界のパートナーとタイアップして開発途上国の学校保健政策立案、実施、評価についての支援を行っている。2008年にはミャンマーの難民保健医療を支援するNGO「メータオクリニック支援の会(JAM」を立ち上げ、草の根の国際協力も実践している。
2013年より琉球大学医学部保健学科国際地域保健学教室教授。現在は地球の持続的発展に資する保健開発戦略策定をテーマに研究を推進中。また実践と研究両方の視野を持つ国際保健分野若手人材育成を目指して教室キャパシティーの強化を内外連携のもと諮っている。

HP、研究者情報

琉球大学 医学部保健学科 国際地域保健学教室
http://www.okinawaghealth.com/
NGO法人"メータオ・クリニック支援の会(JAM)"
http://www.japanmaetao.org/


門司 和彦 (理事) 

長崎大学 熱帯医学・グローバルヘルス研究科 
教授・国際健康開発学コース長
(総合地球環境学研究所 名誉教授)
 
主な研究分野

人類生態学、エコヘルス研究

主な活動経験・調査経験

1991-1992 ハーバード大学公衆衛生大学院国際保健武見プログラム研究員 
1998-2000 ケンブリッジ大学生物人類学教室客員研究員及びチャーチルカレッジ準フェロー
2007- 総合地球環境研究所 熱帯アジアの環境変化と感染症 プロジェクトリーダー


神馬 征峰 (理事)

東京大学大学院医学系研究科
国際地域保健学教室
教授

 
主な研究分野

感染症対策、ヘルスプロモーション(学校保健)、健康と人権、健康と人間の安全保障

主な活動経験・調査経験

1994-1996 WHO緊急人道援助部・ガザ地区/ヨルダン川西岸地区事務所 WHOヘルスコーディネーター(事務所長)

1996-2001 国際協力事業団ネパール事務所「ネパール学校・地域保健プロジェクト」チームリーダー

東京大学大学院医学系研究科 国際地域保健学教室

http://www.ich.m.u-tokyo.ac.jp


溝上 哲也 (理事)

独立行政法人国立国際医療研究センター
国際臨床研究センター
疫学予防研究部
部長

 
主な研究分野

生活習慣病の疫学と予防、途上国における学校保健

主な活動経験・調査経験

2009年4月- 国際医療研究開発事業「開発途上国における保健医療サービス強化のための学校保健普及についての研究」主任研究者

独立行政法人国立国際医療研究センター 疫学予防研究部

http://www.schoolhealth.jp/deih/


朝倉 隆司 (理事)

東京学芸大学教育学部
養護教育講座
教授

 
主な研究分野

健康社会学、精神保健学、国際移動とメンタルヘルス

主な活動経験・調査経験

①日本とブラジルにおける日系人の健康調査
②フィリピンにおける看護師の国際移動調査
③日本、台湾、韓国における青少年のソーシャルキャピタルに関する比較研究
④ラオス学校保健教育プロジェクト
 

東京学芸大学 養護教育講座

http://asakura-laboratory.jp/

20163月にJICAと東京学芸大学で青年海外協力隊のラオスへの派遣に関わる協定を結びました。 この協定に基づき、養護教育講座の大学院生を、これから5年間にわたり、ラオスにおけるエコヘルス教育の導入と定着のために、順次派遣していく予定です。


友川 幸 (理事・事務局長)


信州大学 教育学部 スポーツ科学教育グループ
(役職)准教授

メッセージ

世界の子ども達の健康と安全を守るために、学校保健が持つ可能性は大きいと思います。子どもたちの未来は、その国の未来です。当コンソーシアムに興味を持っていただけた方、ぜひ一緒に小さな一歩を歩みましょう。

主な研究分野

国際学校保健、エコヘルス教育、健康・環境教育のカリキュラム開発、学校保健政策、人材養成など

主な活動経験・調査経験

2000-2004 JICA JOCV (ニジェール、学校保健)
2005-2008 ラオスにおける学校保健関連研究
ラオスの中南部の農村地域における児童のタ
イ肝吸虫感染に関わるフィールド研究
2009-現在 ラオス国立大学教育学部との国際共同研究の
マネージャー(エコヘルス教育研究プロジェクト)
2011 ネパール学校保健プロジェクト(短期専門家)
学校保健政策及び実施ガイドライン改訂
2012-2016  ケニア 健康な地域社会をつくる学童支援プロ
ジェクト (短期専門家)
2015-2016 WHO本部非感染症及び精神保健部局ヘルス
プロモーション(学校保健コンサルタント)
2016 JICA青年研修(モルディブ・体育教育) 研修コーディネーター

パーソナルヒストリー

大学生の時に中国とタイに旅行に行ったことがきっかけで、海外の教育や健康問題に関心を持ちました。大学卒業後、国際協力を専門に学ぶ大学院に進学し、大学院の修士課程在学中に、JICAの青年海外協力隊派遣事業に参加し、西アフリカのニジェールで学校保健活動の普及に携わりました。その後、博士課程在学中に、ラオスで学校保健及びタイ肝吸虫感染に関する研究を行いました。2009年以降は、ラオスでエコヘルス教育の開発・普及のための研究を行っています。また、学校保健政策の策定支援やその実施に関わる要因を解明するための政策研究、学校での保健活動を促進するための教員に対する研修なども行っています。

HP、研究者情報

Research map: https://researchmap.jp/sachitjp/
研究室HP:
http://env.shinshu-u.ac.jp/~tomokawa/index.htm


齋藤 順子 (理事)

東京大学大学院
医学系研究科

主な研究分野
国内外の喫煙対策、公衆衛生学

秋山 剛 (理事・事務局長)


長野県看護大学 健康基礎科学講座
健康・保健学分野
(役職)講師

メッセージ

国際保健医療学会での自由集会等、興味をお持ちの方は是非お越しください。

主な研究分野

国際保健における学校保健、感染症対策、保健システム

主な活動経験・調査経験

<専門家>
2010年:JICAの派遣によりミャンマー国でのマラリア短期専門家
2014年~2017年:長崎大学によるJICA草の根交流支援事業ケニア学校保健

パーソナルヒストリー

青年海外協力隊平成13年度3次隊としてグァテマラ「感染症対策」シャーガス病対策で活動したのち、琉球大学、長崎大学を経て現職となりました。

HP、研究者情報

なし


鎭目 恵里加 (事務局)


公衆衛生学修士

メッセージ

まだまだ未熟で至らぬ点ばかりですが、先生方にご指導頂きながら、日々多くの非常に貴重な経験をさせていただいています。
少しでも国際学校保健コンソーシアムにご興味がございましたら、是非お気軽にご連絡・ご相談くださいませ。

主な研究分野

学校保健、ヘルスプロモーション

主な活動経験・調査経験

2018: 第7回アジア学校保健栄養研修 運営補佐
2015-2017: 長崎大学大学院 熱帯医学・グローバルヘルス研究科 グローバルヘルス専攻 国際健康開発コース
修士課程在学中はインターンシップ及び修士研究の為、ケニア共和国に9か月滞在。感染症や母子保健プロジェクトにて国際保健の実践を学ぶ。

パーソナルヒストリー

海外出張が多かった父の影響で、幼少期より国際協力の仕事に関心を持つ。大学にて看護学を修学後、一度は都内にて看護師・保健師として勤務をするも、国際保健の夢が諦められず、退職して修士課程に進学。
今後は学校保健を通じ、多くの人々の生活へ貢献していきたいと考えている。

HP、研究者情報

なし


白川 良美 (事務局)


株式会社フジタプランニング
(役職)海外調査部 主任研究員

メッセージ

インターネットの普及により、世界はどんどん繋がるが、一方で情報化社会は、確かな情報を得ることを難しくさせています。このような中においても、国際保健に役立つ情報を探しだし、世界中の子供たちが健康に過ごせるような社会を望みます。
学校保健は、子供たちに公衆衛生の重要性を伝える場所があります。未来の子ども達のために、私たちに何ができるかを共に考えていきたいと思っています。
国際保健に興味がある方、今はまだ具体的な活動を考えてないけど、少しでも途上国について考えている方、是非一緒に活動出来たら嬉しいです。

主な研究分野

生活習慣病予防、公衆衛生

主な活動経験・調査経験

・2012年3月~20014年8月:パラグアイで青年海外協力隊看護師隊員として、コミュニティ(小学校等)の公衆衛生活動に従事し、保健セクターのプライマリーヘルスケアに携わった。
・2017年~2018年:JICAの派遣によるエルサルバドル国・病院前診療の能力強化プロジェクトの業務調整/ヘルスプロモーションとして従事。
 

パーソナルヒストリー

学生時代、写真家ケビンカーター氏が取った「ハゲワシと少女」の写真を見て、世界の貧困を目の当たりにし、将来は国際保健医療に従事したいと考える。まずは保健の知識と経験をつけるべく、看護師免許を取得、総合病院の消化器外科病棟に5年間勤務する。その後、JICAの青年海外協力隊の看護師隊員として、パラグアイ国のプライマリーヘルスケアのプロジェクトに携わる。
現在は開発コンサルタント会社に勤務している。

HP、研究者情報

なし