理事・事務局
国際学校保健コンソーシアム理事・事務局の紹介

メンバー一覧


手島 祐子 (事務局)


東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻
国際地域保健学教室
(役職)修士課程

メッセージ

同じ志を持つ仲間と一緒に、国際学校保健について、学び研究しませんか? 本コンソーシアムでは、第一線で活躍する先生や研究者、また意欲のある学生とフランクに交流できる機会もあります。ご興味があるかたは、ぜひ、HPよりお問い合わせくださいね。

主な研究分野

国際栄養、学校保健

主な活動経験・調査経験

2015年7月より2年間、青年海外協力隊栄養士隊員としてインドネシアロンボク島にて地域住民の栄養改善活動に従事しました。保健センターに勤務し、同僚の栄養士とともに、地域にある保健ポストの運営、監督、巡回、離乳食の調理デモなどを用いた栄養教室の開催のほか、小学校や幼稚園における健康教育にも携わりました。また、各保健ポストでは、毎月、保健ボランティアによって、乳幼児の体重測定、予防接種、妊婦検診などが行われており、私はそうした保健ボランティアに対する技術指導のほか、彼らが活用する健康教育教材の開発などに取り組みました。

パーソナルヒストリー

大学生時代に世界の食糧問題・飢餓問題に衝撃を受け、なんとかしたいと思ったのが、国際保健に関わりたいと思ったきっかけです。大学で栄養学を専攻し、管理栄養士になりました。管理栄養士として日本の病院で3年間勤務した後、青年海外協力隊に参加。その後、JETROアジア経済研究所開発スクールを経て、現在の所属にて、研究活動を行っております。

HP、研究者情報

Linkedin
https://www.linkedin.com/in/yuko-teshima-ab468937/


西尾 彰泰 (事務局)


岐阜大学保健管理センター
(役職)准教授

主な研究分野

精神医学、精神保健、学校精神保健

主な活動経験・調査経験

名古屋におけるホームレスの障害に関する調査(2013-2014年)
カンボジアにおいて、開発途上国の地域精神保健の質を評価する方法に関する研究(2014年~)
カンボジアにおける精神科診断分類の背景についての研究(2016年~)
東南アジアにおけるインクルージブ教育の現状と課題に関する研究(2016年~)
東南アジアにおける学校精神保健プログラム開発に関する研究(2018~)

パーソナルヒストリー

もともとは心理学的精神医学、特にフランス精神分析を専門としていましたが、社会システムと精神疾患の関係に興味が移り、現在は国内外の精神保健に関する研究をしています。

HP、研究者情報

https://researchmap.jp/nishioakio/


福永 亜美 (事務局)

国立国際医療研究センター臨床研究センター
疫学・予防研究部 研究員

東京大学大学院 医学系研究科国際保健学専攻
国際地域保健学教室 博士課程

 

主な研究分野

生活習慣病の疫学・予防、公衆衛生、学校保健

主な活動経験・調査経験

2018╾現在:スリランカにおける子供たちを介したヘルスプロモーション活動が地域住民の健康アウトカムへ与える影響

パーソナルヒストリー

私はアメリカに長年在住していたため、途上国出身の友人も多く、彼らを通して途上国における保健・健康問題を学ぶ機会が日常にありました。そしていつしか、彼らの母国のために何か貢献したいという思いが強くなり、国際保健に関心をもつようになりました。国際保健に関わりたい思いから大学では公衆衛生、修士課程では疫学を専攻しました。


渋谷 文子(事務局)



 琉球大学大学院保健学研究科
 国際地域保健学教室
 修士課程


主な研究分野

開発途上国の学校保健教育(主に性教育)

主な活動経験・調査経験

2017年~2019年:JICA青年海外協力隊の看護師隊員としてブルキナファソで学校保健活動に従事。
女子校においてカウンターパート(同僚教師)と共に保健教育(性教育・マラリア予防対策・栄養指導等)を行った。
また、保健指導のために保健室を立ち上げて身体計測や健康相談を行い、生徒の健康管理能力の向上を目標に支援した。

パーソナルヒストリー

学生時代より国際保健に興味があり、将来は開発途上国で看護師として活動してみたいという願望があった。看護師資格取得後、日本大学医学部附属板橋病院救命救急センターに6年間勤務した。その後、JICA青年海外協力隊の看護師隊員としてブルキナファソで学校保健活動を行った。2年間の活動を通して、自分自身の活動に対する課題や国際保健について専門的に学んでみたいという思いが強くなり、琉球大学大学院保健学研究科 国際地域保健学教室修士課程に進学した。開発途上国の学校保健教育に興味があり、開発途上国をフィールドに性教育に関する研究を行う予定。

HP、研究者情報

なし


上野 真理恵(事務局)


信州大学 大学院総合人文社会科学研究科 心理学分野
(役職)修士課程

メッセージ

大学院生として研究を始めたばかりですが、学校保健推進に向けて、一緒に学ぶ仲間ができたら嬉しいです。国際学校保健に興味のある方はもちろん、養護教諭として日本の学校保健に関わっている方も、興味がありましたらぜひご連絡ください。

主な研究分野

学校保健

主な活動経験・調査経験

2017年~2019年:JICA海外協力隊(学校保健隊員)としてガーナに派遣され、学校保健活動に従事しました。
主な活動経験:
・児童生徒に対する保健教育・健康診断の実施
・教員養成校の生徒や現地教員を対象とした、学校保健に関する研修会の開催
・地域の住民集会での健康教育、健康に関する現地語の歌の作曲と、ラジオ番組での健康教育の実施 等

パーソナルヒストリー

大学卒業後、小学校の養護教諭として勤務していた際に、JICA教師海外研修に参加しフィリピンに派遣されました。そこで、貧困の現状を目の当たりにし、国際協力に興味を持つようになりました。研修後、養護教諭としての経験が活かせるJICA海外協力隊学校保健隊員に応募し、ガーナで活動しました。
学校保健という分野を通して、日本だけでなく途上国の子どもたちの健康も支えていきたいという思いから、大学院に進学し研究しております。日本と途上国の学校保健の制度や教員養成、保健教育に興味があります。

HP、研究者情報

なし


平野 有希子(事務局)


名古屋大学大学院医学系研究科
(役職)修士課程
 


 

主な研究分野

国際保健医療学・公衆衛生学

主な活動経験・調査経験

<JICA海外ボランティア>
1)活動時期:2018年~2019年
2)活動地域や活動内容:JICA海外ボランティア(感染症・エイズ対策隊員)として西アフリカのガーナ共和国に派遣され、現地の保健局職員と協力し保健活動を実施。主な活動内容は地域の感染症発生動向に関するデータ管理や医療機関のモニタリング、感染症スクリーニング実施、地域の中学校教員と協働し中学生を対象に保健講座を企画実施、等

パーソナルヒストリー

大学卒業後は臨床検査技師として医療機関で勤務してきました。カンボジア旅行中に見た内戦の痕跡や、安全で健康的な生活をできなくなった人々に出会ったことがきっかけで国際協力活動に興味を持つようになり、JICA海外ボランティアに応募してアフリカでの活動に参加させて頂きました。現地の環境に触れ、学校保健教育の重要性を再認識させられました。現在は大学院に進学し、公衆衛生学分野の研究を行っています。

HP、研究者情報

なし


中山 桂子 (事務局)

長崎大学大学院 熱帯医学・
グローバルヘルス研究科
国際健康開発サテライトコース
(役職)修士課程


 

主な研究分野

学校保健

主な活動経験・調査経験

〈青年海外協力隊〉
2016年~2018年:学校保健隊員としてガーナにて活動。
現地NGOや学校の保健担当教員と共に、女子生徒への布ナプキンの作り方、月経指導を行いました。

パーソナルヒストリー

養護教諭として小学校に勤務しています。国際協力への関心と養護教諭という職種を活かして海外で働いてみたいとの思いから、青年海外協力隊に参加しました。ガーナで活動する中で、ガーナに合った学校保健とは何か、人々の健康に寄与できる学校保健とは何かをもっと考えてみたいと思い、現在は、小学校に勤務しながら、長崎大学大学院に進学し、国際保健について学んでいます。

HP、研究者情報

なし