メンバー・学生
国際学校保健コンソーシアムメンバーの紹介

メンバー一覧


小笠原 理恵

大阪大学大学院 人間科学研究科

助教

主な研究分野

文化的および言語的マイノリティ住民の保健医療、医療社会学、国際保健

主な活動経験・調査経験

2004-2010 上海パークウェイヘルス・メディカルセンター 虹橋クリニック・名都城クリニック クリニックマネージャー


登 圭紀

琉球大学 保健学研究科 国際地域保健学教室

修士課程

 

メッセージ

まだまだ初学者でわからないことばかりですが、日々学び精進していきたいと思っております。よろしくお願いします。

主な研究分野

学校保健、いじめ防止に関する学校における教育

主な活動経験・調査経験

修士研究として、インドネシアでいじめ防止に関する学校における教育についての研究を推進中。

パーソナルヒストリー

学生時代より国際保健に興味を持ち、関連サークルや活動に参加し、タイ・ラオスのフィールドスタディ参加時に特に小児・学童期の保健医療に従事したいと思い始める。
看護師免許取得後、臨床経験を積むために新生児集中治療室で勤務。2017年4月琉球大学大学院国際地域保健学教室に入学。

HP、研究者情報

なし


森田 佳奈子

長崎大学熱帯医学研究所 国際保健分野 協力研究員
 

メッセージ

フィールドワーカーとしての第一線から、
わたし自身の『妊娠・出産・子育て』の経験から、特に母子保健/栄養と公衆衛生介入の大切さを再確認し、フィールド疫学調査を実施。また前身の保健教諭としての経験から、「学校保健」は効率的かつ有効性がとても高く日本から世界に誇れる保健システムです。「学校保健」から「Well Being」を見出していきましょう!
 

主な研究分野

国際保健・緊急人道支援・母子保健/栄養

主な活動経験・調査経験

(フィールドワーク)
・2007年~JICA青年海外協力隊
(ドミニカ共和国母と子のプライマリーヘルスプロジェクト)
・NGO AMDA
・2010年チリ大地震 緊急医療支援・復興支援活動  
・2010年ハイチ大地震における緊急医療支援 
・ハイチ復興支援事業・
・ハイチ コレラ感染症対策 /
・2011年 東日本大震災 宮城県南三陸町
・2013年~赤道ギニア 病院経営プロジェクト長期専門家
・2016年 ハイチ コレラ感染症対策

(調査)
・国連防災会議へ向けての調査及び教材開発
(・UNHCR contingency planning・The Sphia standard and HAP)
・フィールド疫学調査(Maternal Nutrition thought public health intervention in Haiti)
 

パーソナルヒストリー

幼少期、学校長の父親のフィリピンのストリートチルドレン支援が、私生活までおよび、彼等と共に生活した経験から国際保健の道を志す。

国際保健・緊急救援・災害公衆衛生・母子保健/栄養などを切り口に、
特に低開発国のフィールドワークでは、たくさんの人々との関わりの中で創りだされます。特に緊急医療や人道支援活動は、国境や人種の垣根を超え叡智が集結します。
 


牧野 由佳

WHO 非感染症及び精神保健部局 
ヘルスプロモーションユニット

 

主な研究分野

口腔保健、学校保健、ヘルスプロモーション

主な活動経験・調査経験

2012-2013 特活 ) 歯科医学教育 国際支援機構 カンボジア事務所 
JICAパートナーシップログラム: カンボジア王国モンドルキリ州住民に対する口腔保健活動の普及・定着 

 


野中 大輔

琉球大学大学院 熱帯医学研究科
寄生虫学・国際保健学講座
助教 


山本 加奈子

日本赤十字広島看護大学
看護学部 基礎看護学
講師

 
主な研究分野

看護教育、健康教育、学校保健

主な活動経験・調査経験

2001-2002 ラオス国青年海外協力隊


櫻田 淳

埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科

 
主な研究分野

学校保健と養護教諭
地域保健と学校保健

主な活動経験・調査経験

2008-2010 ネパール国学校保健栄養改善プロジェクト


上田 直子

JICAより横浜国立大学大学院に出向中(2013年3月まで)、東京大学博士課程在学中

 
主な研究分野

援助とソーシャル・キャピタル、感染症対策 博論テーマは「中米シャーガス病対策プロジェクトの住民保健ボランティア」

主な活動経験・調査経験

1997-1999  JICAフランス事務所


石井 克美

バングラデシュ国顧みられない熱帯病対策-特にカラ・アザールの診断体制の確立とベクター対策研究-プロジェクト(JICAとの契約によるicddr,bへの派遣)

 
主な研究分野

感染症対策、保健システム、保健プロジェクトマネジメント

主な活動経験・調査経験

1999-2002 ネパール国結核対策プロジェクト結核対策/業務調整専門家
2004-2006 JICAアジア地域支援事務所(タイ)企画調査員(感染症対策)
1999-2002 ネパール国結核対策プロジェクト結核対策/業務調整専門家
2007 パキスタン国結核対策プロジェクト結核対策アドボカシー/業務調整専門家
2009-2010 JICAバングラデシュ事務所企画調査員(保健システム)
2011- バングラデシュ国JICA顧みられない熱帯病対策プロジェクト業務調整員


神田 恭子

長崎大学熱帯医学研究所 熱帯医学研修生

 
主な研究分野

地域住民を巻き込んだ教育的アプローチによる学校保健、保健教育教材の開発、感染症対策

主な活動経験・調査経験

2007-2009 在ナイジェリア日本大使館「草の根・人間の安全保障無償資金協力」担当委嘱員
2010-2011 マラリア・コンソーシアム、 テクニカル・オフィサー